L8020菌とは・・・?

| コメント(0) | トラックバック(0)

    こんにちは。  

   今日は、テレビでも取り上げられて話題になっているL8020について

   お話ししますね。

      L8020の正式名称は「ラクトバチルス・ラムノーザスKO3」といいます。
     広島大学歯学部の教授で歯学博士の二川浩樹先生によって発見された菌です
      8020という菌の名称は、80歳になっても自分の健康な歯を20本残そうという

     願いからつけられたそうです。 

  • L8020菌の主な効果
    ・虫歯に及ぼす予防効果
     幾つかの研究から、虫歯菌の入った溶液の中にL8020乳酸菌を入れることで            99.9%以上のムシバ菌が減少することが分かっており、 これによって酸を発生させる菌  数を減らすだけで なく 「グルカン」という水に溶けにくく菌の温床となる物質を作らせなく します。

      この相乗効果で虫歯の発生リスクを抑えるそうです。


  ・歯周病や歯肉炎に対する抑制効果

   L8020乳酸菌がいくつかの「歯周病菌」を殺菌する効果があることが各種の

       研究から分かっています。

     歯周病は「虫歯」以上に様々な菌が複雑に絡んで発生している病気のため、

   そのすべてを殺菌できるとは言い難いです、代表的な菌種を殺菌、

   あるいは抑制する効果のあることが、分かっています。


  ・カンジダバイオフィルムに対する抑制効果

   カンジダ菌はカビ(真菌)の一種で、ヒトの口腔内に常在しています。

      普段は日和見菌として他の菌と共存していますが、

   免疫力の低下や常在細菌のバランスが崩れた場などで増殖することがあります

   L8020菌の入ったヨーグルトを食べることでカンジダ菌を抑える効果があることが

   わかりました。


  • L8020菌を使用した商品
      この菌を含んだ商品は食品や口腔ケア用品などがあります。
    ・舐めて溶かすだけのタブレットタイプ


  • 食べるタイミングは朝と昼、歯みがき後に食べるのが良いとのこと。
    歯みがきしても虫歯菌・歯周病菌はまだのこっていますが、そこにL8020菌を摂取することで歯みがき後の残存菌の増殖やバイオフィルムの形成を抑制させるためです。
    ただし、就寝前に食べたときは歯みがきした方がいいとのこと。


    ・洗口液タイプ低刺激(ノンアルコール)

  •  
    朝、晩1日2回歯ブラシ後に20秒間使用すると効果的です。

  • ヨーグルト

       

  • 個人的な感想ですが、子供さんには一番ヨーグルトがおすすめです。

  • さらに飲むヨーグルトなどいろんなタイプがあるので生活リズムに合わせて取り入れてみてはどうですか?                                                          


                                                                                                                   ちー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shihodental.com/blogs/mt-tb.cgi/134

コメントする

このブログ記事について

このページは、stuffが2016年11月 8日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梅雨の季節ですね。」です。

次のブログ記事は「いつの間にか冬になってきてしまいました...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。